• ホーム
  • クラミジア感染時に考えられる感染経路は何があるのか

クラミジア感染時に考えられる感染経路は何があるのか

患者を慰める医者

クラミジア感染症の病原体は細菌で、人から人に伝染するという性質を持っています。病原菌は人や動物の粘膜の細胞内でしか生きることができず、空気中や水中に放出されると短時間で死んでしまいます。粘膜の細胞に潜む病原菌が宿主(人体)を離れずに他の人の体内に侵入することができるのは、性交渉に限られます。病原菌が人体の細胞を離れると死滅してしまうので、性行為以外の日常生活では他の人に感染する恐れはありません。

クラミジアの主な感染経路は性行為に限られていて、性器やその他の部分の粘膜が接触するだけで病原菌に感染する恐れがあります。クラミジアの病原体は粘膜の細胞に含まれるので、性分泌液(精子や膣液)や血液に触れなくても粘膜同士が接触するだけで簡単に感染します。クラミジアは性器以外にも口や直腸の粘膜の細胞にも感染する場合があるので、性器性交以外の性行為(オーラルセックスやアナルセックス)でもうつる危険性があります。

性行為の際に男性がコンドームを正しく着用すれば粘膜が接触するのを防ぐことができるので、感染を防ぐことが可能です。避妊の必要がないオーラルセックスの際などにコンドームを使用しないケースがありますが、性器と口の間でも病原菌が感染する危険性があります。コンドームを使用せずにオーラルセックスをしたことが原因で、口から性器にクラミジアに感染するケースは少なくありません。男性が女性器や肛門を舐めたり、射精の時だけコンドームを着用するといったケースでもクラミジアに感染する危険性があります。

ピルを飲んで避妊をしたり、オーラルセックスをすれば性病の感染を防ぐことができると考えている人もいますが、これは誤りです。妊娠をしなくてもクラミジアに感染する危険性があるので、病気を予防するためには避妊ではなくて感染予防のための対策を講じる必要があります。もしもクラミジアに感染しているとすれば、過去に感染予防のための対策をおこなわずに性行為をしたことが原因です。

クラミジアの感染経路は性行為に限られていますが、性器以外にも口や肛門の粘膜を通して病原菌が感染する可能性が考えられます。この感染症は他の性病と比べて感染力が非常に強く、粘膜同士が接触すると1回のセックスでも病原菌に感染するケースがあるほどです。病原菌の感染ルートの種類が多くて感染力が非常に強いことから、日本国内では毎年多くの男女がこの病気に罹っています。